未払い残業代請求の相談今スグこちら

↓  ↓  ↓

まずは無料相談


ブラック企業からの残業代を回収するのは難しいと諦めていませんか?


※未払い残業代等を会社に請求することは、労働者の正当な権利です。

・残業代は本来もらうべきお金なので、遠慮は無用なのです!!

・独りで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

※残業代の請求は2年で時効となります。

・残業代請求を遡って請求するには、請求できる期限がありますので早めに問い合わせする必要があります!

・2年で時効となり、請求ができなくなります。

・1ケ月対応が送れるだけで損することになってしまいますよ!

まずは超簡単な無料シュミレーションから始めてみませんか?

今すぐ残業請求シュミレーション!!
ここでなら
だいたいの金額
だいたいの時間を入力すればできます!

ここから詳細入力ができる画面に移動できます!

↓  ↓  ↓



「残業代が払われていない。」

とわかっていても、なかなか言い出しにくいのが今の日本の社会です。

暗黙の了解となってしまっているのは怖いことです。

それでも、きちんと言える人もいます。

※平成24年度には約10万人に対して、労働基準監督署の監督指導による賃金不払い残業が是正され、総額にして100億円もの残業代が支払われました。(厚生労働省)

では、あなたはなぜ言い出すことができないのでしょうか?

ブラック企業と言われる残業代を支払わない会社


それは残業代等の請求に不当な反論をする会社全部です。

様々な言い訳で残業代等の支払いを免れようとします。

簡単ですが以下にその言い訳をあげておきます。

@管理職だから ⇒ 「管理監督者」のみ対象外

A固定残業代だから ⇒ その制度が適法に運用されていない場合がある

B年棒制だから ⇒ 残業代等の支払と年俸制は無関係

これらのことを会社から言われているとして、「ちょっとおかしいな」とは思っている。

でも言い出せない。

きっとあなたが言い出せない理由は・・・主張するべき証拠がない、ということではないでしょうか?

残業代請求には必要な書類があると聞いたことがある。
それはそうですよね。
口頭だけで解決できる問題ではありませんから。


必要とされる書類

・給与明細
・タイムカードのコピー
・業務日誌などのコピー
・メモや日記

しかし、このような書類や資料は、その時に用意しようとしても会社の管理下にあって
なかなか入手できない状況になってしまっていることでしょう。

でも、諦めないで下さい。

上記の書類等が無い場合でも対応法があるのです。

【解決事例】
40万円全額回収】

残業代に加えて最低賃金との差額も回収してもらえて本当に助かった。

最低賃金を下回る時給で働かされていた。少額だったため他の弁護士には断られた。

【130万円全額回収】

諦めていたので相談して良かった。

タイムカード等の証拠が全くなかったため諦めていた。他の弁護士にも諦めろと言われていた。

ブラック企業から残業代を回収したい!2つ以上あてはまる場合は、すぐに相談しましょう。



残業しているのに、残業代をもらったことがない。

管理職なので残業代を諦めている。

サービス残業・サービス出勤が多い。

残業代を請求したいが証拠がない。

現在、在職中の為気まずい。

年棒制・歩合制なので請求できない。

他の弁護士に相談したことがあるが、着手金がかかると言われてやめた。


もちろんメールでの相談も無料です!


.

残業代が未払いになって問題になっているニュースを見ました。残業代とは勤務時間外に仕事をした場合に支払われる賃金のことですが、この残業代、何時からつくのかは企業によって違います。何時間以上という感じでつきます。みなし残業という言葉もありますから注意が必要です。週40時間、50時間ていう設定もあるようです。残業代を支払わない、くれない、切り捨てられるといった不満。残業代は休憩時間や休日出勤のときにはつくのか?基礎賃金から休日手当、基準というものが明確でないところが泣き寝入りの原因かもしれません。その上、公務員固定費、固定休からの控除、役職手当、管理職手当にはどう反映されるのか?残業代の組み込みを組合が交渉するにはどうしたらいいのでしょうか?計算は大抵は経理でやります。計算ソフトもexcelで作ったり、計算機で自分で計算してみる人もいるようですがいざというときの為に自分で把握しておくのも必要なことですね。残業代が支払われない、となったときの時効ってあるのでしょうか?きっと上限はそれぞれの会社で設定されていると思います。時給に計算するときに住宅手当や通勤手当は入らないと思います。基本給がベースになります。切り捨てももちろんあるでしょうね。残業代の算出するにはなにも厚生労働省に問い合わせなくても大丈夫です。残業代を削減しようとしている中小企業もたくさんあります。サービス残業になってしまう可能性も。 残業代の未払いを請求しようとしたときに、水増ししてはもともこもないです。何分から?と気になっている人もいます。そもそも残業代って事前申請が基本だと思うのですが、違う企業もあるのかもしれません。残業代が廃止になってしまい、慰謝料の請求に踏み切った人も中にはいるかもしれません。残業代に関して、全部でるのでは?おかしいと思ったら、生活費に困って生活できない場合も出てくるので請求書でもいいですね。残業代がなにかと相殺されるということはないので遡及対象になるのではないでしょうか。残業代に関して損害賠償を起こした場合も過去にあったかもしれない。そもそも残業代は労働基準法で定められているはずです。いざとなったら労働基準監督署に匿名で内部告発してみましょう。立証責任は企業にあります。その中にはブラック企業もあるかもしれません。 このサイトでは残業代に関して 未払い 残業代 時効 回収 2年 会社の利益 専門家サービス 残業未払い 残業代請求 労働基準監督署 権限の問題 沖縄ブラックキギョウ スーパー ゼンショーHD すき家 なか卯 ココス ブラック企業一覧愛媛県 ビッグボーイ すかいらーくグループ シダックスグループ 吉野家HD モンテローザ ケンタッキーフライドチキン プレナス ワタミ ダスキン フードサービス事業(ミスタードーナツ) 香川県 食品 ブラック企業 ロイヤルHD スターバックスコーヒージャパン ドトール 日レスHD コロワイド サイゼリヤ あきんど 京都 ブラック 運送屋 スシロー カッパ・クリエイト 不二家 セブン&アイ・フードシステムズ 大庄(庄やグループ) 松屋フーズ くらコーポレーション 香川県 ブラック企業壱番屋 王将 フードサービス 運送業 などについて調べていきます。